なおみっくすじゅーす

lionmaru70.exblog.jp ブログトップ

日光東照宮 雅な装飾編

日光東照宮
あちこちに施された装飾は、今も昔も見る者を飽きさせない。
有名な三猿
猿の成長過程に、徳川家の教えを重ねている。
親の目線までも、その装飾を配置する高さにからめられている。
シンメトリーな建築がポピュラーな中、当時としても、かなり斬新な表現だったのではないだろうか。
f0147963_10302117.jpg

眠り猫
日の光を浴びている猫の様が、日光の名にふさわしいということで有名になっているよう。
思ったよりこじんまりしていたものの、日向でまったり・うっとりしているにゃんこの表情そのもので、ぽかぽかした陽の温度が伝わってくる。
f0147963_10304344.jpg

阿吽の型で対になったものは沢山。
なかでも金に色を重ねたこの派手さ、マッチョなたくましさは目を奪われる。
f0147963_1031873.jpg

とにかくきらびやかで、派手な建築だらけだけど、よくよく見ると文様は、赤・緑・青を基調としている。
決して複雑に色を混色しているわけではない。混ぜこぜのようで、実はシンプルな一面も。
金色が、日の光を帯びて、さらに色の濃淡・明暗の幅を広げるように、少ない色でも、自然の中で幾重にも色を膨らませている。
季節によって、時間によって、さらに興味深い表情を見せてくれそうな東照宮。
f0147963_10331552.jpg
f0147963_10293210.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2008-10-20 10:33 | ♪今日の出来事箱

日々のあれこれとおえかき発表の箱。


by lionmaru703
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31