なおみっくすじゅーす

lionmaru70.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

年越しそば

年末のスーパーマーケットは大賑わい。カートに置かれた2個のカゴから、正月野菜やおもちが顔を覗かせて。子供の頃は、確かにこんな年末だったなぁとしみじみ。

年越しそばを買いに来ただけだけど、周りの買わなきゃ感につい背中を押されてしまう。そばも1玉だけ買うんがなんか悔しくて、無駄に2玉購入…(っていうか2人前が多いしっ)。
一人暮らしでも、仕事で帰宅が遅くなっても、年越しは家でテレビみながらそば食べるのが日本人というもの。

子供の頃そばが嫌いで、年越しはうどんだった。でも家族の分のそばがちょっと混ざってたり。学食の麺類でたまにこーゆーことあるけど、それよりも高い確率でそば混入。おかんの、なんとか年越しそばを!という意思の表れか、B型ゆえの適当さか…ツートンカラーの年越しそばが今は懐かしい…。
それ食べて、除夜の鐘聴きながら、台所のおかんをよそに、おとんと早くもおせちをつまみに一杯やるってのが、我が家の年越し。

今は離れているし、正月休みもないから、そーゆー新年の迎え方できないのがほんと残念。でも実家に年賀状出すってのは、新たな年始スタイルで、なんか、いーもんです。

それぞれの家族との時間を大切に、良いお年をデス。

(スーパーの花屋調達だけど正月飾りもばっちり★)
f0147963_23453756.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2007-12-30 23:50 | ♪今日の出来事箱

オダギリジョー結婚

オダギリジョー結婚。
香椎由宇とのうわさはかなり前から知ってたけど、まさか結婚とは!
共演作「パビリオン山椒魚」のDVDもってるけど、そー言えば1回しか観てないな。ショックで、2回目の鑑賞もしばらくはないだろーな。
でも、きちんと会見して、HPにも報告コメントのってて、それもまた会見同様誠実な感じで。これはもうお幸せにと言わざるを得ない…。

会見では二人が同じ誕生日(2月16日)ってのが話題に。

日付の入ったキティちゃんのバースデーマグってのがあって、それで私は自分の誕生日じゃなくて、まずジョーの誕生日を買った。ってか、それしか買ってない。…ってくらい2月16日を(勝手に)意識していたので、なんだか複雑。。。

でもっ!私はチバユウスケと同じ誕生日だからいいのだ!!
(小泉孝太郎さんも確か同じ…って、林家ペーさんばりに誕生日に執着してみたり。)

(昨年2月16日にはコレでコーヒー飲みつつジョー作品鑑賞会←イタイ人。。。)
f0147963_0402432.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2007-12-29 01:08 | ♪今日の出来事箱

小林健二展「妖精の場所」

2000年、市美で開催されていた企画展で小林健二さんというアーティストを知った。
5人のグループ展で、博物館学か何かの授業とプライベートとで、2回行った展示。別会場と作品でつながっていたのは衝撃的だった。作品のもつ青い光。色彩イメージ的に冷たい印象になりがちなはずの青が、懐かしいようなあたたさがとても優しく、広く深い宇宙のようでもあって…小林健二さんというお名前はずっと心に引っかかっていた。
その小林健二さんの作品が展示してあるというギャラリーへ。はじめて訪れたところだけど、とても素敵な空間。作品からはやはり吸い込まれるような光。でも、2000年に観たそれとは異なる光の色で、また違ったぬくもりに心が浄化される。展示タイトルは「妖精の場所」…。

ギャラリーの方には、ケーキにご飯にとごちそうになってしまい、アートとか作品とか、なんだか刺激的なお時間を頂いた。仕事の役割とは離れて、心動かされる作品に出会う、その心をまずは大事にして、そしてそーゆー時間を意識的につくって行きたいなぁと改めて感じた。

連勤中で体を休めるはずの今日の半休。映画にギャラリーにと、体よりも心の栄養補給に大満足なひととき。
さてさて。年末年始も仕事で仕事納めもなんもないけど、2007年へ締めくくりへ向けてもう一分張り頑張れそう!

(別会場のと合わせて2000年の展示のチケット。あれからもう8年経とうとしている…)
f0147963_0512639.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2007-12-27 01:31 | ♪今日の出来事箱

映画『カンナさん大成功です!』

原作は「白鳥麗子でございます!」の鈴木由美子先生の同名漫画・韓国のラブコメ映画。

95キロのダイナマイトボディのカンナさん。歌手にあこがれつつも、そのビジュアルから歌手の影武者、そして見ているだけの恋。決死の覚悟で全身整形をして、得たものと失ったもの…。最後には感動で泣けてしまうし、そのピュアで素直な生き方に元気がでる。
劇中、主人公のお父さんの言葉で、「やりたいことができるのは神様だけ。人間はできることを(精一杯)するだけ。」みたいのがあって、なんか心に響いた。欲しがってばかりじゃなくて、自分の器も知ってできる努力はちゃんとしなきゃなって気分になった。

歌も良い。主題歌「MARIA」は主役キム・アジュン、日本語版は梨花が歌っている。今も耳に残る印象的な曲で、思わずアベ・マリア~♪って口ずさんでしまう(公式HPで流れ中)。
白鳥麗子もめっちゃ好きやったし、原作も読んでみようっと。

この秋から月3ペースで映画館に足を運んでいるけど、おそらくこれが2007年の見納め。
シンプソンズも気になったけど、ブッラクジョークよりポジティブ系が締めには正解だったかも。年明けは…『陰日向に咲く』(1月26日公開)『人のセックスを笑うな』が待ち遠しい!

(映画館に居たシンプソンズファミリーは思わず激写。)
f0147963_1321456.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2007-12-27 00:03 | ♪映画と本の箱

「ホームレス中学生」

話題の本をなんとなく衝動買い。なんとなく読みはじめて、いつの間にかとまらなくなって、不覚にも予想以上の涙を流してしまった。

麒麟・田村裕のビンボーネタはテレビでもよく見かける。公園生活で、草のみならずダンボールを食べたとか…。そーゆーある種のビンボー武勇伝が書かれた本なのかと思っていたら…大間違いだ。
勿論、さすが芸人さん、ビンボーネタ・兄弟ネタに笑わずにはいられない。でも、そんな笑いのなかに、支えてくれる兄姉・周囲の人へのありがとうがつまっているし、なによりお母さんへの愛が(お母さんからの愛も)溢れていて心動かされる。家族に「解散」宣言をしたお父さんに、恨みひとつ見せないで、ありがとうの気持ちを持てる田村氏はすごい!本人は、いろんな経験のせいで?幸せのボーダーラインが低いといっているが、そこに幸せを見つけられる素晴らしさがある。

作家さんではないから、すごくシンプルな文章だし、おいおいってつっこみたくなる言動の田村少年なんだけど、それがまた人のよさそうな本人とリンクして、その素直さが文ともども響く。芸人本ブームにのっかったとはいえ、なかなかの感動作。

(子供の頃レトルトの「カレーの王子様」が流行ったとか、タメならではの共通項も楽しめる)
f0147963_21432926.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2007-12-20 21:52 | ♪映画と本の箱

「絶望に効くクスリ」

先輩のオススメ作。漫画を読むのは久々だ。久々すぎて、はじめコマを順番通りに読めなかった…。

山田玲司先生の対談漫画。1・2…すとっばして、いきなり11巻を購入。最新の11巻にちょうどケラリーノ・サンドロヴィッチさん(注:日本人)が出ていたので思わず。。。
劇作家のケラさん。なんて面白い人なんだと思っていたけれど、その過去もまたわくわくした人生だと今更知った(インディーズレーベル運営をされていた)。ケラさんの回で「正常こそが異常ではないのか?」という言葉がある。そーゆー考えの人、好きだなぁ。その考えが作り出すものにも反映されていて、作品含め憧れてしまう。私はというと、なんだかんだ世間がいう「正常」にまるくおさまってしまって、時に流されるように働いていたりもする。そんな自分にがっかりもするから憧れてしまう。
三池監督の回では「流れに逆らわなければ…いつか海にでる。」って言葉。(ちょっと視点はずれるかもしれないけど、)これでいいのかー?ってむやみに歯向かうんじゃなくて、ある程度与えられる運命に流されてみることもアリなのだ。どっちにしろ、自分の中のなにか一筋でもしゃんとしたもんが無いとだめなんだろーけど。

これは漫画版・トップランナー、情熱大陸だろうか。
イマを輝いて生きている人たちの足跡とコレカラの見方(生き方)を知るのは、まさにクスリとなる。より自分らしく元気な心で生きていくためのクスリ。クスリの過剰摂取は近年の社会問題ですから、土台となる自分の中の核がちゃんと呼吸してないと駄目なんだろーけど。
…とまぁいろいろ考えるきっかけをくれる漫画。1巻に返り咲かなくては!
[PR]
by lionmaru703 | 2007-12-20 01:30 | ♪映画と本の箱

映画『マリと子犬の物語』

2004年10月23日新潟県中越で地震発生。そこで起こった実話から書かれた絵本をもとにした映画。
山古志村を襲った地震で、家屋の下敷きになった飼い主を助けようとする犬マリ。マリを置き去りにせざるを得ない救助の自衛隊員。そしてマリを助けにいく子供たちの強さと家族の愛。犬や子供たちの演技が光り、終始涙の映画。

地震は、阪神淡路大震災、福岡西方沖地震を、確か震度3レベルで体感している。そのレベルでも怖かったしパニックになった。全壊した家の方たちの心を想像すると…苦しくなる。
私たちには生きる希望・勇気のでる感動作だけど、被災者の方には、辛い経験を思い出させる映画なのかもしれない。でも映画になることで、時が経ってニュースで忘れ去られても、きっと忘れてはいけないもの・思いを残してくれるし、経験してない人たちにたくさんのことを伝えてくれる。
ジャンルとしてはめったに観ない動物モノ。子供の頃みたハチ公物語とかマリリンに会いたいとか思い出して、なんだか心が浄化された。でも泣きすぎて頭が痛い。。。

f0147963_17541922.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2007-12-17 18:35 | ♪映画と本の箱

能率手帳

初めてのビジネス手帳
これまで手帳といえば、自分の好き勝手なものを使っていた。中身は勿論、外側のデザインも。ノートやスケッチブックににステッカー貼って自分流に。
でも、愛読書日経ウーマンを読んでいて、品格のある手帳というか、他の人からみて、職業や役職に適した手帳があるのだと知った。今の手帳じゃあ、ちょっと仕事の説得力に欠ける気がしてきた。。。

…で、日経ウーマン共同開発の能率手帳キャレルを仕事用に購入。キャレルとは、「働く女性(Career)にエール(Yell)を」というコンセプトらしい。ちょっとした工夫だけど、使っててストレスのない手帳のよう。
この手のは初なのでセレクトにかなり悩みつつ、やっと決断した一冊にはテンションあがる。これまた、日経ウーマンの影響をうけつつ、ブルーをベースに3色ペンも合わせて購入。最初だけはわりときれいな字で、仕事の予定を書き写す…。
脱ステッカー!これでデキルオンナ風手帳の誕生☆
プライベート手帳はあいかわらず、ステッカーはりまくりなんだけど。。。

(ブックマークもあれこれ探して、スワンタッチなるものを買ってみた。)
(日経ウーマン1月号にキャレルの魅力が掲載されている)
f0147963_22353344.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2007-12-14 22:41 | ♪お買い物箱

ガンダム占い

星座と血液型を入力すると、48種類のモビルスーツに分類されるというガンダム占い。
どーでもいーけど思わず入力。
結果は…
ガンダムだった。

私の場合こーゆー時、たいてい「誰やねん?」ってゆー渋いキャラが当たる。あまりにもメジャーキャラすぎて一瞬疑った。違う誕生日で試した結果、やっぱり私は、というか、かに座のO型のヒトはみんなガンダムらしー。
基本性格は→万能で、チャレンジ精神がある。でも、虫の居所が悪いとむやみにキレテて暴れてしまう。(ガンダムってキレて暴れてるわけじゃない気がするけど。。。)
あんましピンとこない。でもガンダムに詳しくないから、自分がなんなのかは分からない。

どーでもついでに、身近な人の星座と血液型を入れてみて……
私はザク・タンクとゾックの間に生まれた子らしー。ガンダム芸人土田さんには分かるんだろうか。。。
[PR]
by lionmaru703 | 2007-12-11 23:20 | ♪今日の出来事箱

こたつ。

こたつを出してみた。
エアコンあるし、部屋が狭くなるから、あんまり出したくないんだけど、週末に母親がくるのでだんらんアイテムのおこた出陣!
こたつにテーブルランナーって、ちょっとイタイ感じかもだけど、テーブルの白が落ち着かないので。
のだめみたく、こたつでお鍋とかみかんとか。日本の冬って感じ。こたつ虫にならないよー気をつけないと。
f0147963_21352993.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2007-12-11 21:50 | ♪今日の出来事箱

日々のあれこれとおえかき発表の箱。


by lionmaru703
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31