なおみっくすじゅーす

lionmaru70.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

食べ物の夢

久々に夢の話。昨日の夢。

場面は飲み会。鍋でうどんがでてきて、器についでみると、うどん麺とマロニーみたいのが半々の割合で驚く私。
うどんには手をつけず、店を出て、何故か外にいた芸人・土田さんと遊園地へ向かう。
道中、土田さんのおっきくてたくましい背中とか腕に甘えていると、遠くの遊園地からNICOの曲が聴こえ……《現実へ》NICOの曲で目覚める。

甘える夢は、人生に対する考えの甘さを指摘しており、現実を見ろよって意味らしい。
あるいは、表現に対して素直になれないフラストレーションか、はたまた心身の疲れか…。
(寝る直前、久々におえかきに没頭していたのでそのせいかも。。。)

うどんの夢は記載されていなかったけれど、めんで検索すると、何故かラーメンの夢について書かれていた。
食べ物の夢は、単純にそれが食べたいって場合もあるけれど…
ラーメン=平凡な日常…らしい。
そんな日常的に食べないし、何よりラーメンに失礼な気がするんだけど。。。

遊園地の夢は、うるおいを求めている暗示。…ってことは。。。
私は、退屈な日常から現実逃避して、うるおいを求めているのか?
土田さんと!?


今朝はその続きがみれなかった。
謎は謎のまま、ラーメン的平凡な、しかしながら平穏な、日常が今日も始まる。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-10-30 09:09 | ♪夢の箱

反省会

先日、人生初の整体に行き、体の歪みを指摘された。
(連れてって頂いた方には、性格の歪みを指摘されたが…)
いつも同じ向きに足を組んだり、荷物を左でばっかり持ったり…偏った体の使い方を見直さなくてはと反省。

コンタクトをつくりに眼科へ。
極度の近視のみならず、乱視までも悪化しているよう。
眼科医に、目を酷使している点を早口で注意され、しゅんとしてしまう。

10月は、体のことで反省してばかりだ。
思わず女性の医学書とか買っちゃうし。。。
2008年の私の目標のひとつに、『体と向き合い、検診にも行く』というのがあるが、実行されないまま2008年も残りわずかとなってきた。
来年の目標に持ち越すとともに、あらたに『休肝日をつくる』って目標も加えないと。


体のことを思ってというより、単純においしいから飲んでいるフルーツビネガー↓
f0147963_1010286.jpg

食生活も見直して、健康な心と体を…って決意している今、足をいつもの要領で組んでしまっている自分が居て、また反省。。。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-10-29 10:13 | ♪今日の出来事箱

日光東照宮 雅な装飾編

日光東照宮
あちこちに施された装飾は、今も昔も見る者を飽きさせない。
有名な三猿
猿の成長過程に、徳川家の教えを重ねている。
親の目線までも、その装飾を配置する高さにからめられている。
シンメトリーな建築がポピュラーな中、当時としても、かなり斬新な表現だったのではないだろうか。
f0147963_10302117.jpg

眠り猫
日の光を浴びている猫の様が、日光の名にふさわしいということで有名になっているよう。
思ったよりこじんまりしていたものの、日向でまったり・うっとりしているにゃんこの表情そのもので、ぽかぽかした陽の温度が伝わってくる。
f0147963_10304344.jpg

阿吽の型で対になったものは沢山。
なかでも金に色を重ねたこの派手さ、マッチョなたくましさは目を奪われる。
f0147963_1031873.jpg

とにかくきらびやかで、派手な建築だらけだけど、よくよく見ると文様は、赤・緑・青を基調としている。
決して複雑に色を混色しているわけではない。混ぜこぜのようで、実はシンプルな一面も。
金色が、日の光を帯びて、さらに色の濃淡・明暗の幅を広げるように、少ない色でも、自然の中で幾重にも色を膨らませている。
季節によって、時間によって、さらに興味深い表情を見せてくれそうな東照宮。
f0147963_10331552.jpg
f0147963_10293210.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2008-10-20 10:33 | ♪今日の出来事箱

日光東照宮 わびさび編

秋の紅葉にはちと早い日光
f0147963_10151450.jpg


今なお、絢爛豪華な姿を残す東照宮の建築のかたわら、深みのある歴史の色、自然の色には心が落ち着く。
f0147963_1016155.jpg
f0147963_10162292.jpg
f0147963_10165378.jpg


しかしながら、お蕎麦屋さんのおじいちゃんの栃木なまりには、もっと癒された♪
湯葉そばは、文句無しのおいしさ。
f0147963_10233298.jpg


唯一心残りと言えば、栃木ではメジャーだというレモン牛乳を飲めなかったこと。
牛乳は得意ではないし、別段レモン果汁入りというわけでもないらしいけれど…。
次回のお楽しみにとっておこう。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-10-20 10:28 | ♪今日の出来事箱

The Birthday『涙がこぼれそう』発売☆

The Birthday涙がこぼれそう』本日発売。
f0147963_1151893.jpg

 1.涙がこぼれそう
 2.レイニー・レイニー
 3.テディ、ちょっと悪い
 4.ゴースト・スウィート・ハート

朝になってた カラスの親子 呼び合ってる
 俺はちょっとだけ 嬉しくなって 立ち上がる
 涙がこぼれそう でラブコール あの娘にラブコール


↑チバの歌詞に、度々でてくる名詞「カラス」。
カラスの居る風景とか、『レイニー・レイニー』に出てくる「明け方の街」とか…こういうチバが切り取った景色、好きだなぁ。
空模様とか、動物とか、色のセレクトが独特で。
11月10日に出るチバユウスケ詩集ビート』を、さらに待ち遠しくさせる世界観。

DVDは、『涙がこぼれそう』のPVとメイキング。
PVは、動画でみてたのよりやっぱり色が鮮明で、ドキドキするかっこよさ。
メイキングの、お酒飲んでのハルキのリアクションとか、チバの「楽しかった」ってコメントに、きゃーきゃー言いながらリピートしまくり。

今日はなんだか疲れたけれど、Birthday聴いてると、心がざわつき始めた。
Thank you rockers. I love you baby.
明日も、がんばろう。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-10-15 01:42 | ♪音楽の箱

「イニシエーション・ラブ」乾くるみ

f0147963_12162721.jpg


合コンでマユに出会い、恋に落ちた《僕》。
恋愛のあれこれの物語かと思いきや、ラストシーンの一言で、がらっと物語が変貌してしまう。

ネタばらしになるので詳しくは書かないけれど、本の帯に書かれた「必ず2回読みたくなる小説」の意味が最後に理解された。
作者の仕掛けを辿る2回目。ぱらぱらとページをめくりながら、思わずあっぱれ。

一度読んだ本は、基本振り返らない。
で、内容すぐ忘れちゃうから、こーしてブログとかノートに書き記しているわけだけど…。
かつて、読み直した作品と言えば…国語の長文問題と、田口ランディさんの作品だけだろう。
私の中のランディの偉大さには及ばないものの、この作者の他作品での仕掛けには、かかってみたい気もする。。。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-10-13 12:38 | ♪映画と本の箱

じゃこ天 うまし!

地元愛媛の名産・じゃこ天
ジャンル的には、さつま揚げに近いけれど、そこまでメジャー級ではない謙虚さが、ある意味四国生まれらしい。
地元に居るときは、どこのスーパーにも売ってるし、ちっとも意識していなかったけれど、
なかなかお目にかかれない今、じゃこ天の偉大さをかみしめている。
失って気づくその存在の大きさ……って、まるで遠距離恋愛。

f0147963_011183.jpg

↑おそらく一番ベーシックな食べ方。
トースターでかるく焼いて、大根おろしをのっけて、醤油をたらす。。。
うまし!
お酒がすすむこと、この上なし!日々の晩酌が潤う一品。
私の場合、このwithお酒♪なところが、じゃこ天の株を10ランクくらいあげさせているのだろう。

茶色いだけで華のない画だけど、あなどるなかれ。
派手なレディより、自分をしっかり持ちつつも、いろんな色に染まれる地味子の方が、意外と長く愛せるってこともあるのだ。
じゃこ天に学ぶ、女子の姿也。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-10-11 00:48 | ♪ご飯とお菓子の箱

「I LOVE YOU」

I LOVE YOU
 伊坂幸太郎・石田衣良・市川拓司
 中田永一・中村航・本多孝好

6人の男性作家による恋愛アンソロジー。

f0147963_8431454.jpg


こりずに恋愛本。
シリーズになってると、1冊で終了ってのも気分が悪いので、つい。。。

この人の書く恋はやっぱり甘いなぁとか、初めて触れる作家さんの優しい文とか…いろんな文章の世界があって面白い。
刊行とは逆に先行して読んでしまった「LOVE OR LIKE」で多少の免疫がついたのか、
恋愛の美しい表現も、捻くれず割とすんなり受け入れられた気がする。

中田永一「百瀬、こっちを向いて」
僕は胸の内側がかき回されるような息苦しさを感じた。
 彼女はなんてことをしてくれたのだろう。
 僕の心に入り込むなんて、本当に酷いことを百瀬はしてしまったのだ。


加速する気持ちの描写は、読んでいるこちらも一緒になってドキドキしてしまい、
思わず、勢いが全てといっても過言ではなかった10代の頃の恋心がよぎる。。。

半ば面白がっているのか、尋問のように聞いてくる親友に、あの人が好きなんだと打ち明けた林間学校。
そうやって、一度自分で肯定してしまうとダメなんだ。親友の応援も後押しして、理由も何もかも吹き飛ばして、目はハートになり、好きが加速してゆく。
好きな人の些細な情報に、一喜一憂しては、さらにアクセルを踏み、彼方の海も超えかねない勢い。
その感情は、授業中も教室の壁を悠々とワープしていたし、私の体の一部を切り取ったら、金太郎飴のようにその人がこぼれだすんじゃないかと思うくらい、侵略されていた。
あの頃は、どーしよーもなく好きだった。
…って、今思うと奇跡のような、眩しい感情だったのかもしれない。

…小説の影響か、文章が臭くなってきた。
やっぱり私の手には、恋愛小説より、ハイネケンがお似合いなんだと、ふと我に返る刹那。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-10-09 03:18 | ♪映画と本の箱

ハルキのコラム

The BirthdayのNewアルバム、ツアー発表のこの大事な時期に、約10日間のネット不通はイタカッタ。
やっと再開して、久々にアクセスするのは…やっぱりBirthdayネタ。。。
ケータイから見れなかった情報に興奮しながら、ハルキのコラムには涙。

The Birthdayのベース・ヒライハルキ25歳。
チバユウスケを筆頭に連なるビッグネーム、40代のメンバーとのキャリアの差を前に、
ハルキは、喜びだけじゃなく、いろんなプレッシャーとも闘ってきただろう。
今も、ちくちく刺さる言葉が聞こえてくるのか、はたまた本人なりに客観視して、驕らない自分をキープしているのか。。。
プラスの評価もマイナスの声も、真っ向から受け止めて、他人にというより自分に挑み続けている。
理解・評価してもらいたいという思いと、反面、俺は俺なんだという思い。
ライブではいつも表情を固め音に酔う、それでもこの前のライブでは超照れていた25歳。
そんなハルキの内側にある熱い想いに、「涙がこぼれそう」ではなく、完全に泣けてしまった。

音楽は勝ち負けではないけど、オレは自分の好きな事には誰にも負けない。

そーゆー強い気持ちが、生きるうえでの、全ての原動力なんだと思う。
「好き」って、やっぱハンパない。
私も好きな気持ちに、もっと純粋に、常に真剣勝負で、そして何よりめいいっぱい楽しんで向き合いたい。

ハルキが、Birthdayにいてくれてホントにホントに良かった。
ハルキの音と、強い思いが反映されるライブ会場に、いっぱい行こうと思う。
ツアー、1月からなんて遠いよ。。。

まずは10月の「涙がこぼれそう」と11月のアルバム「NIGHTS ON FOOL」で
「好き」の底力をかみしめよう。
f0147963_27058.jpg

f0147963_1233048.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2008-10-09 02:14 | ♪音楽の箱

Weekend Lovers'08@Zepp TOKYO

10月2日。
Weekend Lovers@Zepp Tokyo

赤坂同様、開演ののちムラジュンの心地よいDJ☆

1組目はTHE BACILLUS BRAINS(THE日本脳炎)。
激しいとの噂を聞き、かるくビビってたけど、めちゃくちゃRockでかっこいい!
「俺達も勝手にやるから、おまえらも勝手にやって」
いまいちついていけてないNICOファンもみんなまとめて受け止めつつ、自分たちのRockを開放する姿が、モッシュゾーンへ私をかりたてる。

2組目はNICO
若いバンドもたまにはいい。
予習済みの聴きたい曲もほぼ聞けたし◎

3組目はEntity of Rude
シンセが熱く響き、トランペットが叫ぶように歌う。
楽器は超苦手だけど、こんなにひとつの道具(楽器)で表現の振り幅があるなんて、その道具と道具の調和に、人との一体化に衝撃を受けまくった。
達也さんのドラムもまた違うカラーながら、相変わらずかっこいいし!
始めて触れるバンドながらかなり堪能。


…そしてラストはBirthday!!

今回もハルキ側。コールに照れるハルキの姿がかわいい!
メンバーの名前、こんなに叫んだのは初かも。

「秋で乾燥してるから…火つけちゃだめだよ」とチバのMCで始まったのは『6つ数えて火をつけろ』!
スイッチ入る選曲が続き、大好きな『Nude Rider』もへとへとになりながら全身で浴びる。

そんなこんなで、赤坂ん時よりかなり体力消耗。。。
アンコールん時には、気付けば前から2列目だったこともあり、なだれのようなダイバーに遭遇しつつ、かるく酸欠状態。
でもサイコーに楽しかった!!

ライブで体感した新曲は、11月のアルバムに収録。
特典DVDは、赤坂のライブ映像らしーから、それもまた楽しみ♪

『涙がこぼれそう』に始まり、ツアー日程に書籍も…。
好きな季節・秋が、騒がしくなってきた。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-10-04 22:55 | ♪音楽の箱

日々のあれこれとおえかき発表の箱。


by lionmaru703
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31