「ほっ」と。キャンペーン

なおみっくすじゅーす

lionmaru70.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今年もあと1日。

転勤で住所が変わったこともあり、友人からの住所教えてメールが2008年は多発。
しまいには「〇〇市」と打つと、予測変換で速効表示されるまで、私の住所はポピュラーに成長。
メールが来るたびに焦っていた年賀状書きも、今日やっと一段落。
やっと年が越せそうだ。

…ということで、急に高くなった蕎麦麺に軽く憤りを覚えつつも、正月飾りとして今年も松を調達。
来年は明るいニュースが続くといいなぁ。
f0147963_22461113.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2008-12-30 22:46 | ♪今日の出来事箱

「パピヨン」田口ランディ

f0147963_20322110.jpg


「死」の研究に取り組んだ精神科医エリザベス・キューブラー・ロス
彼女が見たというマイダネック収容所の蝶の絵を探し求めるランディに、父の看取りという現実が突き付けられる。


ランディさんのブログを読んでいて、お父様の看護にご苦労なさっている様子は、なんとなく知っていた。改めて「パピヨン」で、迫る家族の死を前にランディさんの心が感じていたことを、少しばかり覗かせて頂き、生きるとか死ぬとか、あれこれ考えさせられた。


ランディさんのお父様は、骨折とアル中とがんを患う。受け入れてくれる病院に、なかなか恵まれない。
生活の変化に伴い、病は多様化し、医療面では延命治療も進んだ。こうして病が重なることも、十分ありうるはずだ。だけど、そこに真の意味で治療がついていけてない。西洋医療とか代替治療が模索され、どこか平行線なイメージ。これから自分や家族がこうした現実に飛び込んでいかなくてはいけなくなったときを想像すると、不安で怖くなる。
自分の死について、漠然とした不安は拭えない。生きている人間が経験できない領域なのだから、仕方ない。
仕方ないんだけど、、、私は、どう生きて、どう死ぬんだろうという問いに包まれる。

ロスの生き方を辿るなかで出てくる「無償の愛」というキーワード。
そこから、普段考えもしない宗教とか信仰についても、問いが湧いてくる。

私はチャペルのある幼稚園に通っていて、大学でも聖書の授業があって、ファッションとしてマリアネックレスを愛用していて。お地蔵さまと神社のおみくじが大好きで、近所のお寺が遊び場で、禅の言葉にぐっときて、子供の頃はおばあちゃんの生まれ変わりなんて言われて輪廻思想もなんとなくある気がしていて。……そんなよくいるはちゃめちゃな無宗教者だ。だから、信仰心って正直よく分からない。
しいて言えば、チバ信者であり、ロックンロールに救われているとは思うけど。

カトリックでは、イエスの無償の愛により私たちはすでに救われている。その喜びをうけ、人に尽くし働くことが教えだという。しかし、信仰心が厚いがゆえ、神に愛されていると実感できない自分に、もがき苦しんでしまう者もいる。
信じるが故に苦しくなるって、なんか辛い。それで、すでに救われているって、、、いろんなことが自分に返ってきて、それでも無償の愛に尽くすって難しすぎる。
愛って?救いって?信じるって??

…とまぁ、これを読んでからの私は、ふとした瞬間にどでかい問いの渦に飲み込まれている。

タイトルのパピヨン・蝶についての不思議体験的な節がある。
大切な命がこの世を去ったとき、残された人の元にふと蝶がやってくる。その蝶は、亡くなった命だと直感するというもの。
私にはそーゆー体験はないけれど、蝶の飛び方を想起すると納得できる部分もある。
掴もうとしても掴めない、風に舞う花びらのような動き。まるで人に語りかけるように、上下に揺れ動きながら、一時すると気ままにどこかへ消えてゆく。
優美さと不思議な毒々しさを持つ羽と、どこか不安定な飛び方。
周囲の人の大切な命はそのままに、パピヨンに出会いたくった。語りかけるパピヨンに。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-12-30 22:27 | ♪映画と本の箱

全人類肯定曲

f0147963_23145470.jpg


街は忙しく華やぎつつも、なんだか最近暗いニュースばかり。最近に限定されないくらい、割と暗い話題は尽きなかったりもするけど。
飯島愛さんが亡くなったのも、ショック。。。
個人的には、12月は、一緒に時を過ごした仲間の一人がこの世を去った月。
一方で、25日はイエス様誕生であり、友人のバースデーでもある。
師走とは、私にとってそうした一面も持つ季節。さらに、お父様の死を経験した田口ランディさんの新刊読んでたら、生とか死とか、命について否応なしに考えてしまう。
考えるけど、分からない。何をどう考えてるのか、考えたいのか、その問いも答えも霧の中。
そんな時、何故か心に聞こえてきたのは、怒髪天の「全人類肯定曲」。

生きてるだけでOK!まァ イロイロあるケド
生きてるだけでOK! 他に何がいるのさ? コレでOK!


思考することは大切だけど、どーしょーもなく頭ん中がぐちゃぐちゃになったら、怒髪天で一度クリアにするのもアリだ。
増子兄ィが、怒髪天が、ありのままを肯定してくれている。
やっぱロックに救われる。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-12-29 23:53 | ♪音楽の箱

「働く女の心身急遽充電」

f0147963_18105977.jpg


・ため息よりも深呼吸
・太陽の光を浴びよう
・悪い習慣は良い習慣で相殺


太陽の光を浴びるってのは、占い師さんにも言われたな。
冬のこの季節、太陽の光とともに肌にさす朝のひんやりとした空気は、気持ちがいい。
冷たいけど、その冷たさに身も心もしゃんとして、今日も一日仕事頑張ろうという気持ちになる。
でも、DOESの歌詞「朝の愛しさを夜に忘れて…」じゃないけど、夜にはすっかり心の余裕を見失ってしまい、朝には良しとされた冷たい空気も、夜には、肩や背筋を緊張させる迷惑な寒さにすり替わる。
なんとも身勝手。朝の清々しさを終日忘れずにいられたらいいんだけど。。。

ここ数日、悪い飲みの習慣を黒豆茶習慣で打ち消した実績あり。
ランディさんのパピヨン読んでて、アルコールの量より頻度を見直すべきとやや反省。
おかん滞在中にお茶すする習慣つくと、この師走ですらなんだかアルコール無しでも大丈夫な心持で。
しかしながら、今となってはおうちでひとりでお茶をすすっても若干寂しい心持で…今日は飲める友人と忘年会で、それなりに飲んだ(故に支離滅裂な文章)。
やっぱり適度なアルコールは大事だ。お酒との上手な付き合い方も、働く女子には必須なんだ。
体のために禁酒もいーけど、やっぱお酒はおいしいにゃー♪
[PR]
by lionmaru703 | 2008-12-27 18:32 | ♪映画と本の箱

落し物注意報

ブログでメリクリのご挨拶をする間もなく、12月も残り数日。
クリスマス前後は、連日終電に駆け込みがち。忘年会とかじゃなく、働きマンとして。
職場で食べるマックのハンバーガーがクリスマスディナーなんて現実に切なさを覚えつつも、マックのCM曲がBirthday演奏だと知り、バースデーがらみならまぁいいかと、無理矢理納得してみたり。

そんな年の瀬に、今日ケータイを落とした。。。
美容室の予約に遅れそうで、小走りで駅に向かう途中、発覚。
今宵の待ち合わせに、友人の個人情報流出に、、、焦りまくり。
すぐ気付いて、歩いた道うつむき逆走して、行き交う人のケータイに過剰反応して、公衆電話探して、最寄りの交番駆け込んで。。。
紛失から丁度30分、遺失届の手続きを踏んでいる最中、近所のお店の方が届けて下さり、無事事件解決。交番の方、お騒がせしてすみません。。。

遺失届に記入する為、ストラップの特徴を聞かれ、説明に戸惑った。何分、そーぶくんに、Birthdayに、松山タルトですから。
f0147963_17574562.jpg

まとまりないし、ポピュラーさに欠けるし。。。欲張りな私の性格そのもの。
見つかったケータイ片手に「これがそーぶくんですよ」なんてのんきな私に、「あ~。」とうなずき、分かったんだかなんなんだか、優しいポリスメンにお礼をいい、交番をあとにした。

に、ケータイ、あとは財布落としたら、《3大落としちゃいけないもの》落とし、制覇だ。
あ。そーいや数年前、いきつけのスタバに財布置き忘れたな。。。
小学校には確か、落し物係ってあったっけ。あの頃は、落し物も忘れ物もしない部類の人間だったのに…いまじゃ間違いなく私の名は落し物係のブラックリスト掲載。

師匠も走るという師走ですが、走るとろくなことない。最近よくなんもないとこでつまずくし。
師走だからこそ、のんんびりペースを大切に。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-12-27 18:03 | ♪今日の出来事箱

きなこ飴とともに

小学生の頃以来となる川崎大師へ。
f0147963_2324444.jpg

青空の下、長々とお願い事をし、おみくじを引くと大吉ゲット♪
この地にご縁があるような心持になり、ほっと一安心。
f0147963_23192983.jpg

しかしながら、敷地内のにゃんこにはなかなか振り向いてもらえず。。。
f0147963_23194240.jpg
f0147963_23195474.jpg

甘酒で体を温め、重たい葛餅の包みを片手に、ふと思い立った鎌倉へ移動。
道中、川崎で買ったきなこ飴が、食べだしたら止まらない!

今回の鎌倉はメジャー処。
鶴岡八幡宮
駅からの道のりは、閑散とした川崎の参道とは一変。誘惑が多い!すれ違う人の食べ歩きに刺激を受けつつ、テンションのあがる寄り道を経て、辿り着いた景色は紅葉の八幡宮。
f0147963_2320884.jpg
f0147963_23201810.jpg

ついでに銭洗弁天を目指すものの、これがなかなかの距離。再び、きなこ飴が止まらない。
やっとの思いで辿り着き、こじんまりとした弁天様を前に、見よう見まねで銭洗い。
f0147963_23203124.jpg

作法もよくわからぬまま、母は500円玉が言いだろうといい、私は出雲式にしじゅうご縁があるように45円がいいと言いはり、結局なんのゴロ合わせにもならない545円を洗ってみた。
f0147963_23205056.jpg

どうやら、洗ったお金は本来有意義に使ってしまうものらしい。どーしたもんだろ、この545円…。
帰宅後、葛餅食べながら、今日の振り返りをすると……きなこに始まり、きなこに終わった一日也。
f0147963_23591249.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2008-12-17 00:02 | ♪今日の出来事箱

「女性は「話し方」で9割変わる」

f0147963_22375799.jpg


「女性は話し方で9割変わる」
結論→…いや、そう簡単には変われそうにない。
確かに、いろんなアドバイスが書いてあったけど、口悪いの、染みついちゃってるし。

これに限らず、この手の本の冒頭には大抵、挨拶について書かれている。
挨拶が全ての人間関係の基本とか、ポイントはどーだとか…なるほどなと思う反面、こういう小学生向けみたいな事を改めて書かないといけない現実に、なんだか空しくなる。
みんな、当たり前のことができていないんだなぁと。

私も、誰にでも気持ちのいい挨拶が出来ているわけでもない。
マンションの清掃の方には挨拶できるけど、初見の男性住人には、警戒して挨拶できない。
で、ふいに相手から声をかけられると、たった一言でも軽やかになって、構えていた自分を恥ずかしく思う。
反省して、次は積極的に挨拶するんだけど、相手の反応が悪かったりすると、すぐあきらめちゃったり・・・。
それって、伊坂さんの小説「魔王」の中の、自分の考えを貫かず、流されて大衆に埋まってしまうヒトと一緒だなと思った。

女性らしい話し方よりも、まず、気持のよい挨拶を継続する事が私には課題だ。継続は力なり!
[PR]
by lionmaru703 | 2008-12-11 23:07 | ♪映画と本の箱

38 NIGHTS ON FOOL

2009年1月7日からスタートするThe Birthdayのツアー《38 NIGHTS ON FOOL
先行予約で確保したチケットがやっと届いた!
頼まれた分も合わせて、ダフ屋のよーにずらりと並べると、いよいよだなぁとわくわくする。
f0147963_22171219.jpg


1月はDVDもでるし、ツアーグッズも買いたいし…家計簿にBirthday予算枠をもうけなければ!
f0147963_22295868.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2008-12-11 22:35 | ♪音楽の箱

ビール<黒豆茶

気付けば、禁酒4日目。
ほぼにち手帳ならぬ、ほぼにちお酒の私が、土曜日の飲み過ぎと予防接種をきっかけに、奇跡の4日間。

今日は帰宅途中、お家までもう少しのところで、知らないヒトに一緒に飲んでくれと誘われた。
足早に、軽くむしゃくしゃしながら考え事してたんで、人を寄せ付けないオーラ出てたはずなんだけど…酔っ払いってわけでもなかったし、よっぽど愚痴でも聴いてほしかったんだろーか。
その勇気はかうけど、今はビールより黒豆茶の気分なのだ。

お茶をすすりながら、日経ウーマンの恒例特集「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を読む。
輝く女性のなかに年下がいると、なんか凹むのは私だけだろーか。
「働く女のルール」でも、評価は仕事の目的ではないってあったけど、やっぱりこうしてキャリアを築いて、それが評価され、いきいきとしている女性を見ると、社会的欲求が沸き起こる。
私は自分の役割をちゃんと理解して、果たしているだろうか、楽しんで拡張期にいるのだろうか。。。

エンジンがかかったと思ったら、エンストする…ここんとこ、そんなテンション。
とはいえ、アルコールに身を任せてリセットするばっかりじゃなくて、シラフでこーして自分に問い、アクセル踏むきっかけを探るのも悪くない。
これを機に、お酒はおいといて、お茶メニューを充実させよう!
…とカタチから入ってしまう情けなさは、保留中のジンとともに2009年にも持ち越しそう。。。
なかなか成長しないなぁ。。。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-12-11 00:43 | ♪今日の出来事箱

予防接種

人生初と思われるインフルエンザ予防接種を受けてきた。
気付けば、実家では家族全員接種済みで、出遅れた感はありつつも、秋から引きずっていた任務をようやく果たせて一安心。

か細い注射器に「えっ?こんなもんで??」と軽く衝撃を受けつつも、ちくりとした痛みはしっかり在り。
既に受けた人からは、お風呂入れんだとか、真っ赤に腫れるとか、だるくなるとか、禁酒だとか…ヤな情報が大波小波。

でも、看護婦さんにはシャワー程度なら入浴可といわれ、副作用の心配もなさげだったので、足取り軽くドラッグストアへ寄り道。
打ち出された掃除道具に、師走らしさを感じつつ、なかなかの重量になった買い物袋を下げて帰宅すると、なんだかいつもの頭痛に加え、腕からだるさが浸透してきたような。。。
キーボードを叩く手も、やや鈍し。注射のせいかどーかは分かんないけど。

お酒については、注意されなかったけれど、自主的に禁酒。
一昨日、開けたばかりのジンが半分以下になるまでハイペースに独り飲んで、久々お酒を見たくない心持。
ボトルもキッチンの目立たないエリアに一時避難し、今日はおとなしくしょうが湯で温まろう。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-12-08 20:09 | ♪今日の出来事箱

日々のあれこれとおえかき発表の箱。


by lionmaru703
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31