なおみっくすじゅーす

lionmaru70.exblog.jp ブログトップ

タグ:鎌倉 ( 7 ) タグの人気記事

鎌倉日和?

6月が終わる前に…
もはや、毎年恒例となった鎌倉紫陽花散策。

でも今回は、紫陽花ってゆーより、
自分を励ますために、観音様に会って、甘味処で心を落ち着ける目的。

とりあえず、
お決まり長谷寺
撮影不可ゆえ、しかと心に焼き付けた観音様。
いつお会いしても、ぞくぞくと感動し、しっかりと抱きしめられる感じ。

で、紫陽花。
この季節に、間に合ってよかった!と、まずは一安心。
f0147963_18142784.jpg

しかしながら…
いやいや、なんなんでしょ、このギラギラした暑さ。。。

次は雨の長谷寺を!と思っていたので、紫陽花を愛でる気持ちも、やや太陽に溶かされ。
前を行くおばさま方は、目前の紫陽花より血糖値の話で盛り上がり、
やっぱり、みなさんも暑さにショートしているご様子。。。

途中、まっすぐな江ノ電線路に、活をいれられた気がし、
f0147963_1814383.jpg

遠くに海の見える成就院へ。
夏は苦手だけど、海にいる人はみてて、うらやましくなる。
f0147963_18144572.jpg

これも紫陽花?珍しい色もあるもんで。
f0147963_1814517.jpg


人の多さにうんざりしつつも、参道の賑わいをそれなりに楽しみ、
たどり着いた、鶴岡八幡宮
七夕のお飾り。もうすぐ7月かぁ。
f0147963_1815093.jpg

大木も、成長の兆し。
f0147963_181569.jpg


前回は、確か長谷寺で末吉…
今回は場所を変えて、鶴岡八幡宮でおみくじ。

…やっぱり、末吉…

でもでも、色恋系はいつも《待て》のおつげだったのが、
今回は《進めなさい》と!
いや、嬉しいんだけど、どこに?

やっぱり、いまいち励まし度低いので、北鎌倉エリアはあきらめ、甘いもんで締め。
抹茶クリームみつ豆。
f0147963_18151263.jpg

あー、日本人でよかった。鎌倉よ、ありがとう。

つべこべいってても、しゃーない。
何事も《進めなさい。慎み深く。》
[PR]
by lionmaru703 | 2010-06-28 19:01 | ♪今日の出来事箱

紫陽花彼是

一口に紫陽花と言えど、色は実に様々で、
f0147963_11594431.jpg

f0147963_1213992.jpg

大輪の形が違うかと思えば、
f0147963_1211893.jpg

f0147963_1221148.jpg

ひとつひとつのがくの形も色々で。
f0147963_1201086.jpg
f0147963_1202198.jpg
f0147963_120337.jpg
f0147963_1204558.jpg
f0147963_121463.jpg

紫陽花の中にさえ、個性が光り、日によって表情が変わる。
ぶつかる個性もあれば、寄り添う個性もある。
雨を浴びて憂いをおびる日もあれば、陽の光に爽快さを反射する日もある。
紫陽花も、人間も、十人十色が面白い。
[PR]
by lionmaru703 | 2009-06-24 12:34 | ♪今日の出来事箱

鎌倉散策

今年も、行ってきました梅雨の鎌倉
紫陽花が映える曇天を期待したものの、、、やっぱりお天気。暑さとともに散策。

明月院
f0147963_1193880.jpg

偶然、社内の人に会ってしまう程、人が多いし、みんなホンキのカメラ持参でびっくり。
かけこみ寺・東慶寺にかけこんで、自然の音に包まれれば、人混みでざわざわした気持も平穏を取り戻す。
けど、ナゾの男子に話しかけられ、ちょっと警戒態勢再び。

江ノ電乗って、お目当ての長谷寺
f0147963_1128529.jpg

やっぱりここは、あじさい的にも、仏像的にも、ベスト。
観音像の迫力に手を合わせ、おみくじを引けば…小吉也。。。
お地蔵様の微笑みになだめられ↓↓。
f0147963_11111097.jpg


御霊神社で江ノ電+あじさいを愛でつつ、成就院へ。
紫陽花の坂道を登り、後ろを振り返ると、海が見える。
f0147963_11343791.jpg


道中。
何気ない道端にも、こぼれおちそうな紫陽花。街全体が美しい梅雨の鎌倉。
f0147963_11111926.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2009-06-24 11:59 | ♪今日の出来事箱

きなこ飴とともに

小学生の頃以来となる川崎大師へ。
f0147963_2324444.jpg

青空の下、長々とお願い事をし、おみくじを引くと大吉ゲット♪
この地にご縁があるような心持になり、ほっと一安心。
f0147963_23192983.jpg

しかしながら、敷地内のにゃんこにはなかなか振り向いてもらえず。。。
f0147963_23194240.jpg
f0147963_23195474.jpg

甘酒で体を温め、重たい葛餅の包みを片手に、ふと思い立った鎌倉へ移動。
道中、川崎で買ったきなこ飴が、食べだしたら止まらない!

今回の鎌倉はメジャー処。
鶴岡八幡宮
駅からの道のりは、閑散とした川崎の参道とは一変。誘惑が多い!すれ違う人の食べ歩きに刺激を受けつつ、テンションのあがる寄り道を経て、辿り着いた景色は紅葉の八幡宮。
f0147963_2320884.jpg
f0147963_23201810.jpg

ついでに銭洗弁天を目指すものの、これがなかなかの距離。再び、きなこ飴が止まらない。
やっとの思いで辿り着き、こじんまりとした弁天様を前に、見よう見まねで銭洗い。
f0147963_23203124.jpg

作法もよくわからぬまま、母は500円玉が言いだろうといい、私は出雲式にしじゅうご縁があるように45円がいいと言いはり、結局なんのゴロ合わせにもならない545円を洗ってみた。
f0147963_23205056.jpg

どうやら、洗ったお金は本来有意義に使ってしまうものらしい。どーしたもんだろ、この545円…。
帰宅後、葛餅食べながら、今日の振り返りをすると……きなこに始まり、きなこに終わった一日也。
f0147963_23591249.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2008-12-17 00:02 | ♪今日の出来事箱

鎌倉散策-お墓によせて-

気付けば9つのお寺を巡った今回の鎌倉散策。
あじさいのみならず、お寺そのものも楽しみにしていた。でも、平日につき仏様を拝めず、後半はお寺の裏山のお墓めぐり状態。。。
歴史上有名な方々が眠っているらしいが、案内板は分かりにくく、歴史にうとい私に発見できたのは、俳人・高浜虚子のみ(俳句の国・松山出身でよかった…)。
↓お墓にあるこういうポンプは、懐かしくてテンションあがったけど。。。
f0147963_146037.jpg


ともあれ、訪れたお墓エリアは独特な雰囲気で、歴史が眠っている趣がある。
生活音を排除した静けさの中、聞こえてくるのは、山水がさらさらと流れる音、ぽつんぽつんと雫をたれる音、小鳥のさえずり、烏の鳴き声。
風が吹けば、木の葉がかすかに騒ぎ、トトロでもでてきそうな空が、葉の間からこぼれて見える。
苔のにおいが風にのると、しっとりとした空気となって頬に触れる。
ややしめった風でさえも、歩き疲れて汗ばんだ身体を、充分にクールダウンしてくれる。
f0147963_1462762.jpg


この自然と一体となって、お墓に眠る魂も私たちを包んでくれいてるのだろうか。
ふと、本当にここに眠っておられるのか、不思議な気がした。
魂って…?身体って…?
哲学者も眠っている場所ゆえか、なんだか倫理や哲学にまで頭がとんでゆきそうになる。

生きている間も死んでからも、心と身体の関係というのは謎だらけだ。

先祖のお墓参りになかなか行けていないことを、鎌倉で最後に出会ったお地蔵様にお詫びしといた。
お地蔵様は、しんしんとした静けさの中、筋違いの私の謝罪を、ただ黙って聞いてくれていた。
その姿に、やはり何か、魂のようなものがそこに在るように感じて、また来ますと付け加えてお寺を後にした。
まだまだ見たりない鎌倉に、また行かなくては。

ちなみに。。。
仏様への敬意として、昔買ったmash maniaの仏タンクを張り切って来て行ったのに...やや空振り也。
(↓見にくいけど仏デザインなんです♪)
f0147963_1471321.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2008-06-26 02:20 | ♪写真箱

鎌倉散策-円覚寺-

予定外に立ち寄った円覚寺
広い京都のお寺のよう。
あじさいだけでなく全てに手入れが行き届いていて、こうしたお寺特有の、平穏さの中の凛とした印象を持ち合わせている。

その中でも、無性に心奪われたのは、方丈庭園百観音
境内にある百観音の一部がそこに整備されたのか、100もは無いが、地蔵サイズの観音様が、庭の端にいらっしゃる。
石板の平面に彫られた観音様と、立体の観音様。交互に、対面に、意図があるのかないのか分からないが、ほぼL字上に並んでいる。

その間を、しゃがんで眺めてみる。
f0147963_128285.jpg

たくさんの観音様に見つめられている、その見られているという緊張感よりも、穏やかさが勝ってしまうから不思議だ。私の好きなお地蔵様に似ているからだろうか。
広い境内ながらも、帰る前に再び足を運んだ方丈。

方丈とは本来、住職の居間らしい。それを物語るかのごとく、郵便配達のバイクが方丈への急な坂を颯爽と上り、庭園の門をくぐっていったのもまた印象的な円覚寺。
(↓方丈庭園の門も、またご立派。)
f0147963_1282886.jpg

[PR]
by lionmaru703 | 2008-06-26 01:44 | ♪写真箱

鎌倉散策-あじさい編-

鎌倉・あじさいめぐり。
鎌倉は、大仏様に会った小学生の頃以来。
大人になっての鎌倉は、季節を楽しむあじさいリレー。

長谷寺
山の斜面にそって色とりどりのあじさい。上から見ても、下からみても、絶景。
あじさいの先には、海も見渡せる。
f0147963_21143645.jpg
f0147963_2050850.jpg

長谷寺は、紫陽花だけでなく、大きな観音様もいらっしゃって見ごたえあり。
お地蔵様も沢山で、そのやわらかい表情に心が和む。
徐々に歩みも、普段のカリカリハイスピードから、まったりとぼとぼお散歩モードに。。。

成就院
境内へ続くあじさいロード。ゆるやかな細い坂道の両脇に、こぼれ落ちそうなあじさい。
なんだかロマンチックな小道。その先は、縁結びの不動明王がご本尊のお寺。
縁結びってワードにくいついたけど、こじんまりしたお寺で、縁結び祈願は不完全燃焼。。。
f0147963_21151675.jpg


明月院
ここのあじさいは、意図的にブルー一色。空や海を思わせるブルー。
青はあまり好きな色ではないけれど、こーゆー自然の青が心に響かないはずがない。
朝は、曇り空だったけれど、明月院を訪れた頃は、日差しがまぶしかった。
梅雨の時期の、雨で艶っぽくなったあじさいを期待していたけれど、太陽に照らされるあじさいってのも美しい。
光を浴びて、あじさいの命が輝いていた。
f0147963_21155057.jpg

f0147963_2116821.jpg


明月院の花想い地蔵のわきに、《別れなどつらい思いの時、ふと見た花にどんなにか心が救われることか》みたいな言葉が寄せられていた。
春の別れを桜が癒す。同じように、四季折々、健気に咲く全ての花や植物に私たちは救われる。ただそこにいるだけで、痛みをぬぐってくれる。そんな優しい存在に見守られて生きていけるなんて、人間は実はめちゃくちゃ幸せな生き物なのだ。

思わず声高に……花のある暮らしを!
…でも、相変わらず、鉢植えの花を枯らしてしまう。うちに帰ると、ごめんなさいでいっぱい。。。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-06-25 22:13 | ♪写真箱

日々のあれこれとおえかき発表の箱。


by lionmaru703
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30