なおみっくすじゅーす

lionmaru70.exblog.jp ブログトップ

鎌倉散策-あじさい編-

鎌倉・あじさいめぐり。
鎌倉は、大仏様に会った小学生の頃以来。
大人になっての鎌倉は、季節を楽しむあじさいリレー。

長谷寺
山の斜面にそって色とりどりのあじさい。上から見ても、下からみても、絶景。
あじさいの先には、海も見渡せる。
f0147963_21143645.jpg
f0147963_2050850.jpg

長谷寺は、紫陽花だけでなく、大きな観音様もいらっしゃって見ごたえあり。
お地蔵様も沢山で、そのやわらかい表情に心が和む。
徐々に歩みも、普段のカリカリハイスピードから、まったりとぼとぼお散歩モードに。。。

成就院
境内へ続くあじさいロード。ゆるやかな細い坂道の両脇に、こぼれ落ちそうなあじさい。
なんだかロマンチックな小道。その先は、縁結びの不動明王がご本尊のお寺。
縁結びってワードにくいついたけど、こじんまりしたお寺で、縁結び祈願は不完全燃焼。。。
f0147963_21151675.jpg


明月院
ここのあじさいは、意図的にブルー一色。空や海を思わせるブルー。
青はあまり好きな色ではないけれど、こーゆー自然の青が心に響かないはずがない。
朝は、曇り空だったけれど、明月院を訪れた頃は、日差しがまぶしかった。
梅雨の時期の、雨で艶っぽくなったあじさいを期待していたけれど、太陽に照らされるあじさいってのも美しい。
光を浴びて、あじさいの命が輝いていた。
f0147963_21155057.jpg

f0147963_2116821.jpg


明月院の花想い地蔵のわきに、《別れなどつらい思いの時、ふと見た花にどんなにか心が救われることか》みたいな言葉が寄せられていた。
春の別れを桜が癒す。同じように、四季折々、健気に咲く全ての花や植物に私たちは救われる。ただそこにいるだけで、痛みをぬぐってくれる。そんな優しい存在に見守られて生きていけるなんて、人間は実はめちゃくちゃ幸せな生き物なのだ。

思わず声高に……花のある暮らしを!
…でも、相変わらず、鉢植えの花を枯らしてしまう。うちに帰ると、ごめんなさいでいっぱい。。。
[PR]
by lionmaru703 | 2008-06-25 22:13 | ♪写真箱

日々のあれこれとおえかき発表の箱。


by lionmaru703
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30